当組合連合会は、昭和28年、麹町保健所管内の飲食関係業者が自主的に結成され、親睦と団結を基本に、食品衛生思想の向上、普及につとめ、会員相互の業績発展に寄与して間もなく50周年を迎え、飲食店業界に歴史と伝統を築いてまいりました。
現在では、麹町保健所管内の飲食店業者の80%が加盟する大きな団体となっており、保健衛生行政並びに東京都食品衛生協会が行う事業の的確な伝達、警察署・消防署等の積極的な協力体制のもと増々その実績を上げております。

■自治指導員による自主管理・運営・指導
■食品関係工場の見学、研修により知識と発想の転換を図る。
■会員向け福利、厚生、損害保険等の充実と、関係制度の活用を促進する。
■飲食店の防犯セミナーにより、お客様への信頼と安全を図る。
■インターネットによる組合ホームページ開設と組合会報により社内情報発信・受信。
■税務、不動産等各種クオリティセミナーの実施。
■各種営繕、修繕に対用した業者のリストアップ。
■優良施設の表彰並びに優良従業員の表彰。
■組合員並びに従業員の慰安、懇親旅行等の開催。
■事業系ごみの優良シール取扱い、清掃業者斡旋


組合員のメリット

当組合員は、(社)東京都食品衛生協会の東京食品販売国民健康保険組合に加入することが出来ます。
事業主・家族・従業員及びその家族ならどなたでも定額の保険料で、事務局が電話一本で責任をもってお世話致します。詳しくはお問合せ下さい。

(介護保険)医療保険にプラス

組合健保

40歳〜64歳 3,100円

区の場合

40歳〜64歳
住民税×9/100
家族数×7,200円
最高限度額 7万円

組合健保の特長
所得に関係なく定額制です。
事業主:18,900円
従業員:10,300円
それぞれの家族:6,400円

<例えば公営(区)の場合>
(1)現年度住民税×1.94%
(2)家族数×26,100円
※保険料年額(1)+(2)【年間最高限度額53万円】
あなたの月額は?

円(平成27年現在)

保健所・食品衛生協会とのパイプ役

当組合は保健所の行う行政、指導、食中毒防止のための特定検査(特にO-157等の問題)、営業許可の申請及び更新、衛生責任者の指導教育、衛生責任者の指導教育、衛生講習会の開催等あらゆる事業に対する協力・連絡のお手伝いをいたします。

設備・運転等資金融資を推薦及び斡旋します。
詳細につきましては、東京都飲食業生活衛生同業組合のホームページをご覧下さい。
(例)環境衛生金融公庫融資の推薦

区・東商等の経営相談が組合員の希望に依り利用できます。当組合事務局又は地区役員にお申出下さい。

食品営業賠償共済保険
PL法(製造物責任<PL>法・平成7年7月1日実施)
※万一お客様に事故が起きた場合の有利な食品営業賠償共済保険を斡旋いたします。